本文へスキップ

知名度のある有名大学・難関大学・超一流大学の通信教育課程一覧

慶應大学通信教育の体験談

学生

私は高校卒業後に専門学校へ行きましたが、その時にアルバイトで始めた仕事を本業として、専門学校に通う意味が無くなり中退していまいました。

ですが、職場は大卒の方ばかりで、たまに上司から「大学はどこ?」などと聞かれると、少々気分が悪くなっていました。そのような環境にずっといたら、私の中で学歴コンプレックスが膨らんでいき、「大学に行けば良かったな」などと思うようになりました。

後悔ばかりを何度も心の中で繰り返し、ある時に気が付きました。「なんだ。別に今から行ってもいいんだわ」と。私はそれまで、大学に行く事が不可能な事だとでも思っていたのでしょう。それ以来、大学に行く事を目標に勉強を始めました。私が25歳の頃でした。

大学はどこにしようかと探しましたが、当時はPCが高くて買えず、スマホなどまだ売られていませんでしたし、本屋で探してみました。当時、通信教育部を設けている大学は12大学だけで、その中で真っ先に私の目に留まったのは「慶應」の文字でした。慶應大学で勉強できたらいいなと思い、大学まで資料を頂きに行きました。

今は門のあたりに入学案内の自動販売機がありますが、当時は守衛さんから貰うようになっていました。慶応大学の門の前まで行って、心臓の鼓動が激しくなっていくのを感じ、ドキドキしながら入学案内をお願いして、手を震わせながら受け取ったのを覚えています。

私立大学ではトップレベルとされる慶応大学に、私は入学願書を出そうとしているのだと、不安と喜びでいっぱいでした。「卒業できないと恥ずかしいから、絶対に誰にも言わないで勉強しよう」と思っていました。入学案内を読んでみると、大学を卒業したら、履歴書には「通信教育課程」の文字はいらないと書いてありました。「慶應義塾大学〇〇学部〇〇学科卒業」でいいらしく、受講は単位制になっているので、学年などはありませんでした。

心配になったのはスクーリングでしたが、夏期スクーリングは大学の夏休みに3週間、夜間スクーリングは秋から冬にかけて8週間受けるものでした。その期間に何教科受講するかで出席日数が異なり、夏期スクーリングの場合は仕事を休まなければいけませんし、夜間の場合は早退しなければいけません。スクーリングに通いきれるかどうかと、他の学生さんと話が合うかどうか心配でした。

また、それ以前に、書類選考に通るかどうかも心配になりました。高校の成績は悪かったので、筆記試験はありませんでしたが落ちるかも知れないと不安になりました。また、高校時代に不登校になっていたので、担任の先生に内申書を貰いに行くのが物凄く嫌でした。久し振りに会った先生はすごく優しくて、大学の通信教育部を受けると伝えると「絶対に卒業するんだぞ」と、励ましてくれました。

書類一式を郵送して、返ってきた選考結果は入学許可通知でした。家族に内緒で受けたので、一人でケーキを買い、当時住んでいたアパートでお祝いをしました。そして、入学までには高校レベルの勉強をやり直そうと、時間があれば勉強をしていました。高校生の時は勉強が苦痛でしかありませんでしたが、その時は勉強が楽しくて、何でも出来るような気持ちになっていました。

当時の私が欲しかった資格は学歴です。慶應義塾大学は憧れの大学でもありました。そして、必死に勉強して通学生のコースに編入できたらいいなと、有り得ない事まで夢見て勉強を続け、入学式に行きました。

誰でも入れるのかと思うほど大ホールは満席でしたが、先生方のスピーチが印象的でした。大学名を「ブランド」と言い、いい服を着るようなものだと例えている先生もいれば、「独立自尊」について説明をして下さる先生もいました。この入学式にあと卒業まで大変でしたけど、楽しい大学生活でした。学部は文学部で、大学で取得した資格か免許はフランス語検定2級でした。つづき(慶應大学通信の卒業率について)

⇒慶應義塾大学・資料請求する